友の会イベント

「おしらせ」142号(2019年2月7日発行)掲載の世田谷文学館友の会の開催イベントなどをお知らせします。


2019年度 世田谷文学館友の会の総会及び記念講演

総会記念講演:「芥川賞・直木賞打ち明け話」
講師:平尾 隆弘 氏(元文藝春秋社長・神戸外大客員教授)

「芥川賞と直木賞は、どこが、どう違うのですか」
「選考委員会はどんな様子ですか」
「受賞作はどんなふうに決まるのですか」
「受賞をめぐってもめたことはありますか」
「印象に残る受賞作、受賞作家は?」
文藝春秋在社時、よくこんな質問を受けました。私は二十代で芥川直木賞の事務方、四十代で芥川賞司会、六十代になって主催者である日本文学振興会理事長を務めています。その都度、両賞が果たしている役割への認識を新たにしてきました。世田谷文学館友の会の皆さまに、エピソードを交え、両賞についてお話しできるのを楽しみにしています。ご質問も大歓迎です。(講師からのメッセージ)

日時:
(総会)2019年4月12日(金)午後1時~1時40分
(記念講演)同 午後2時~4時
会場:世田谷文学館 1階 文学サロン
参加費 :会員は総会・講演とも入場無料。但し「新年度(2019年度)会員証」の提示が必要です。
会員以外(一般)の方のお申込みについて:総会記念講演へのお申込みが可能です。参加費1500円。往復はがきに、①講演名 ②講演日 ③住所、氏名、電話番号を記入し、3月末日までにお申込みください。お申込み多数の場合は抽選となります。


俳句鑑賞会

日時:2019年2月26日(火)、3月26日(火)
午前10時半~正午
会場:文学館2階講義室
参加費:200円
※秀句一句とご自作があれば一句お持ちください。


※イベント詳細は、「おしらせ」142号をご確認ください。

「おしらせ」142号は、下記ボタンをクリックすると、閲覧またはダウンロードできます。

「おしらせ」135号PDFファイル

イベントお申し込みページへ